何年か前、旦那の転勤を理由に引越しが決

何年か前、旦那の転勤を理由に引越しが決まりました。

主人も私も自活の経験がないままで、引越しというものを経験したことがありません。
経験がなくとも出来る限り安価に抑えたいと自ら梱包しました。段ボールとガムテープは業者の方で用意してくれたのですが、あと、新聞紙は必須アイテムでした。

壊れ物を包むためと、緩衝材として使って便利なものでした。
引越しをする際、土日祝日はコストが高くなります。平日は休みをとれないという人がほとんどなので、引越し需要が一気に高くなるからです。電気料金だって、使用者の多い日中のほうが高く、使用者の少ない深夜は安くなりますよね。

極力人とちがう日にすると、引越しにかかる費用を抑えられるでしょう。

家を移転する際、貨物自動車を停めたり、荷物を廊下に仮置きしたりするため、あらかじめ隣近所の家に挨拶に行くのが常識です。車の出し入れや通行に差し障るので、前もって同意を得ておくと引越しが終わった後のトラブルも防げます。
引越し業者に任せた時は、そうした事も代行してくれます。引越しに際して、電話の引越し手続きも必要になってきます。ただ、固定電話以外の話をすると、携帯電話しかない場合は、各携帯ショップで手続きをするか、ネットで手続きするだけであり、特に工事の必要はありません。

最近では若い人を中心に、固定電話なしで暮らすことが大半を占めています。新しいわが家に引っ越しした際には、隣のお家に挨拶の為に出向きました。
ちょっとしたお菓子を買い込み、のしはつけずにお渡しました。

初めての事であったので、少々緊張しましたが、マイホームとはこの先定住するところなので、お隣のお宅とは、仲良く気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に出かけたのです。
引っ越しに伴う作業は、とても煩わしいものです。

慌てて片付ける必要はありませんが、準備は引っ越しするその日までに終えておかねばなりません。

怠け者の自分は、いつ準備を始めようかと考えるにもかかわらず、結局ギリギリになって慌ただしく作業を開始するはめになります。

私も引っ越しをした時に運転免許の居所を変更しました。

入れ替えしないと、更始の手続きが会長にできません。住民表を移すのと同じように早期に運転免許も変更しておいた方が後々が安心です。忘却せずに、遂行しておきましょう。
引越しは、自分でやる場合と業者に委託する場合があります。単身だと、そこまで荷物が多くないため、自力でできます。引越し業者に依頼した時に驚いたことは、荷物を積み込むのに必要な時間がとても短時間ですむということでした。準備に限らず、二人で作業すると全然違いました。

ベッド 送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です